生活スタイルを変えずに電気代を節約する方法 ≪格安電力会社に乗り換える≫

電力自由化で新電力会社が続々参入
これまでは地域で決められていた電力会社(関東地方なら東京電力)としか契約できませんでした。しかし、2016年の4月の「電力自由化」以降は、それまでの決められていた電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社とも電気を契約できるようになりました。
管理人は電力自由化後も惰性で東京電力を使い続けていたのですが、家族が増え、エアコン・ドラム洗濯機・食器洗い乾燥機…等々、使用電力量が増え続けて毎月の電気代が負担になってきたため、少しでも電気代を節約するために新電力会社に乗り換えることを決意しました。
新電力
おすすめの超格安電力サービス エルピオでんき
数ある新電力会社の中で、ガスと電気がセットで割引になる東京ガスにも惹かれましたが、管理人が最終的に選んだのはエルピオでんきです。特典等ではなく、とにかく電気料金が安かったのが決め手です。
メリット
  • シンプルなプランで電気料金が業界最安水準。電気使用量が多い人ほど安くなる。(東京電力の「従量電灯B」とエルピオでんきの「スタンダードプランS」を比べると、基本料金・従量料金(第1~3段階)とも全てエルピオでんきの方が安いので、東京電力よりは確実に安くなる。)
  • 複数年契約等の縛りがなく、初期費用・違約金・解約金もないため、気軽に乗り換えができる。
  • 【関東・中部・関西・東北エリア限定】「安心駆けつけサービス」で、電気のトラブル時に24時間365日無料で駆けつけてくれる。通常、平日9,000円、土日祝夜間13,000円かかるところ、出張費と60分以内の作業費は無料となる。(特殊工具や部品交換を要する等、作業内容により別途費用がかかる場合あり。)
デメリット
  • (デメリットという程ではないが)毎月の利用明細ハガキの郵送は有料である。(ネットのお客様ページで無料で確認できる。)
備考
  • 1人暮らし等で電気使用量が少ない場合は、他の新電力会社の方が安い場合がある。
  • オール電化の場合は、エルピオでんきに切り替えても安くならない場合があるため、現在利用中の電力会社と他の新電力会社を含めてよく検討する必要あり。
[参考]東京電力とエルピオでんきの料金比較
参考に、管理人の家では東京電力からエルピオでんきに乗り換えてどのくらい安くなったかを紹介したいと思います。
東京電力とエルピオでんきの料金比較
(料金プラン:スタンダードプランS、契約電力:50A)
2019年 電気使用量(kWh) 東京電力の料金(円) エルピオでんきの料金(円) 差額(円) 割引率
1月 417 12,872 11,506 1,366 10.6%
2月 512 16,090 14,276 1,814 11.3%
3月 423 13,230 11,836 1,394 10.5%
4月 398 12,331 11,054 1,277 10.4%
5月 313 9,495 8,619 876 9.2%
6月 268 8,108 7,401 707 8.7%
7月 273 8,212 7,488 724 8.8%
8月 データなし
9月 387 11,544 10,319 1,225 10.6%
10月 318 9,488 8,432 1,056 11.1%
11月 283 8,433 7,660 773 9.2%
12月 317 9,402 8,489 913 9.7%

ページトップへ戻る
ホーム(目次)へ戻る